アーカイブ

http://www.any-dvd-cloner.com/jp/

カテゴリー

DVDコピーとDVDプレスは何が違う?

DVDコピー業者のホームページを見ていると、DVDコピーという言葉とDVDプレスという言葉が記載されていることが多いです。

このDVDプレスもDVDコピーも同じもので呼び方が違っているだけだろうと思っている人もいらっしゃるのですが、DVDプレスとDVDコピーというのは、違います。

DVDコピーというのは、マルチメディアに入っている映像であったりデータなどを何も入っていないDVD-Rに書き込んでいきます。
ですので、基本的にパソコンを使って書き込みをしていくことになります。
そのため、DVDコピーのほうが映像などの質は下がりやすくなっていますし、コピーしてもらっても必ずしも再生することが出来るとは限りません。
使用するDVDプレーヤーによては再生できない場合もありますし、書き込みをしているときに不具合が起きてしまい、読み込まなくなってしまうケースも少なからずあります。

反対にDVDプレスというのは、マルチメディアに含まれているデータなどをDVDごと量産していくというものとなっています。

ですから、DVDプレスのほうが、不具合が発生しにくいですし、データが消えてしまいにくくなっているというメリットがあります。
つまり、市販されている映画のDVDなどもマスタメディアからDVDプレスによって生産された商品だといえるでしょう。

ただし、DVD-ROMごと作るDVDプレスというのは、DVDコピーと比べると費用もそれだけかかるということになります。

つまり、企業としてDVDを第三者に配布する、または販売をする場合はDVDプレス、反対に個人として自分の保存用だったり、友人や家族に渡すくらいなのであれば、DVDコピーのほうが適しているということになります。
自分の大切なDVDをDVDコピーしてもらうのですから、もしものときのために保証やサポートをちゃんと行っているDVDコピー業者を選ぶようにしましょう。

保証やサポートがない業者を選んでしまった場合、あなたが渡したマスターメディアのDVDを紛失してしまったり、読み込まなくなってしまった場合、オリジナルのDVDを作った苦労が水の泡になってしまいます。
会社なのであれば、製作にかかった費用まで無駄になってしまうことになりかねません。
また、作業中は手袋などをして衛生管理も徹底している業者のほうが、コピーしてもらったDVDに問題が発生する可能性は下がります。

ですから、ちゃんとお客さんから預かったマスターメディアの保管をしたり、取り扱い時の安全性を徹底している業者を選ぶようにしましょう。
zrereyty
また、いくらマスターメディアの取り扱いは厳重に行っていたとしても、DVDコピーをしたものが再生されなかったら意味がありません。
ですから、DVDコピーの納品をする前にちゃんと再生チェックをしてから再生をしてくれる業者を選ぶようにすることも大切です。

そして、何かしら問題が生じてしまった場合は、ちゃんと連絡をしてくれたりサポートをしてくれる業者に依頼をしたほうが、安心してDVDコピーをしてもらうことが出来るかと思います。

色々なDVDコピー業者がありますが、保証や管理を徹底している業者のほうが、少し料金が高めだとしても依頼する価値があるといえるでしょう。

更新情報

2015-04-28
有料のDVDコピーが出来るソフトウェアを試したいの情報を更新しました。
2015-04-28
DVDコピーとDVDプレスは何が違う?の情報を更新しました。
2015-04-28
運営者プロフィールを新規投稿しました。
2015-04-28
サイトマップを新規投稿しました。
ページ上に戻る